ADVANCED CLASS

絵画を描いた経験のある方や、海外の美術学校などで学んだ方、将来プロとしての活動を視野に入れている方などを対象としたクラス

絵画教室ADVANCED CLASS

 

金子透アドバンスドクラスとは

  • 絵画教室アドバンスクラス
  • 絵画教室アドバンスクラス
  • 絵画教室アドバンスクラス

現代美術家としてフランスに長期在住していた金子透が自らの体験、経験を基にどうやって美に対する感性や表現力を身につけてきたかを惜しみなく伝えます。古典から現代アー卜まで画家を選び作品を分析、鑑賞し、また芸術論を含め金子透の経験に基づいた絵画制作に必要な考え方を講義を通して学びます。またオートマティズムなどのワークショップも行い自分らしい表現方法を発見していきます。18回の講座とワークショップを通して、金子透講師がこれまでの経験から学び考える世界標準の審美眼と表現力を見つけることを目指します。

また参加者は定期的に開催されるADVANCED CLASS EXHIBITION に出品することができます。前回は世界的な美術家村上友晴氏もご高覧くださり作品のレベルの高さグループ展としての質の高さに対してお褒めの言葉をいただきました。

こちらの講座は2008年11月より開始し現在3期生、4期生の講義が開催されています。5期は2016年5月28(土)より開講になります。

受講ご希望の方は事前に担当講師と面談を受けて頂きます。
面談は事前予約制となっておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォーム、お電話、メールにてお申込下さい。
面談日時:水曜日13:00-16:30/18:00-21:30  土曜日11:00-18:30
Tel : 03-5456-0400  Mail : s-rayart@nifty.com

開催概要

開講日時第5期 2016年5月28日(土)スタート 毎月第4土曜日
全18回 19:00ー21:30
月謝内部生5,000円(月1回)
外部生6,000円(月1回)

カリキュラム

第1回
  • 1. もうひとつの“ダビンチコード” (画家にとっての本当のダビンチコードとは・・・。)
    目の目 使えるデッサン 使えないデッサン パラダイムシフトについて
  • 2. 見る目を鍛える
    古典 現代アートから一人づつ画家を選び、絵を鑑賞する
第2回 もうひとつの“ダビンチコード”パート2(画家にとっての本当のダビンチコードとは……。)
第3回 新セザンヌ主義
ベラスケスから何を学びとれるか?
第4回 現代美術の3Cとは
絵画・表現・芸術とは(絵を描くにあたって是非知っておきたい事のウォーミングアップ)
第5回 「絵画作成について」 酒井博朗
第6回 「芸術論概論」 酒井博朗
第7回
  • 1.絵画制作に必要なもの
    • 1)創造力について
      想像力とは何か・いかにして創造力を身につけていくか(創造力開発法)
    • 2)表現について
      いい表現/好ましくない表現
  • 2.見る目を鍛える
    古典 カラバッジオ
    現代アートから モンドリアン
第8回
  • 1.絵画制作に必要なもの
    • 1)創造力について-(2)
      いかにして創造力を身につけていくか(創造力開発法)
    • 2)表現について-(2)
      いい表現/好ましくない表現
  • 2.生徒各自の作品についての批評または質問等
第9回
  • 1.ミュゼオロジー(美術館学)について
    • 美術館のキュレーターはアートをどう捉え、アーティストをどう位置づけているか?
    • アーティストとしての戦略
  • 2.実技面について
第10回
  • 1.ミュゼオロジ―について-(2)
  • 2.面について-(2)
    • レンブラントの自画像を参考に
第11回
  • 1.ミュゼオロジ―について-(3)
  • 2.面について-(3)
    • ヴェラスケスの作品から
第12回
  • 1.世界を目指す能力の高いアーティストの多くはなぜ現代美術なのか1
    • いい現代美術(2)
    • 好ましくない現代美術
第13回
  • 1.なぜ今世界は現代美術なのか Ⅱ
  • 2.写真芸術について
    • ドガが写真を初めて見て「画家の仕事は終わった」と述べたことについて
    • 表現手段がこれだけ多様化した現代において画家の仕事は本当に求められているか。求められるとすればどの方向を目指すべきか。
第14回
  • 1.画家のアトリエについて
    • 都市計画が遅れている日本ではいい美術は生まれない
    • 自分の環境作りから制作は始まる
  • 2.なぜ今世界は現代美術なのか。
    • ミニマルアートについて
第15回
  • 1.世界標準の展示について
    • フランス パリの画廊 イボン・ランベール
    • 京都 可必館のハイセンスな展示
  • 2.世界のアートシーンから学べること
    • ビデオアート、写真、インスタレーションなど
  • 3.ミュゼオロジー的観点から展示の戦略を考える
    • キュレーター、美術評論家、ギャラリスト
    • コレクターなどプロの観客に対しての展示
  • 4.各自の作品の方向性を明確にする為のコンセプト及び技法について
第16回
  • 実技 アクリルを使ってのオートマティズムドローイング
第17回
  • 実技 鉛筆を使ってのオートマティズムドローイング
第18回
  • 1.各自の方向をさらに明確化するために必要なこと
  • 2.アドバンスドクラスの展示について
  • 3.世界標準のプロという高いレベルを目指すために必要なこと

その他レクチャー内容

■ ツアー
  • 金子講師が美術の制作活動を続けるうえで見ておくべき作品、場所を案内するツアーを実施し希望者11名が参加しました。
  • 2010年3月27日~4日実施
    「ヨーロッパ 5泊7日 美を巡る旅」 2010年3月27日~4日実施
■ 展示
  • アドバンスドクラスでは、定期的に展覧会を開いています。
    第1回目は2011年11月にクラスカのThe 8th Galleryで開催しました。
 

第2回目
  2013年3月12日~17日  目黒区美術館区民ギャラリー

第3回目
  2014年7月29日~8月3日 目黒区美術館区民ギャラリー

  • 画材のジャンルは問いません。ただし日本画の場合は絵画としての講評はしますが、技法指導はありません。
  • 講評会は見学もできます。
  • 通常のクラスからの振替・変更ができます。講師または受付にお問い合わせください。
  • 参加ご希望の方はご予約のうえ、作品の一部またはポートフォリオなどをご持参ください。

omnis(オムニス)

omnis(オムニス)は、現代美術家としてフランスに長期滞在していた金子透と、RAY ART SCHOOL ADVANCED CLASSで学んだ若手作家とで結成された現代美術家集団です。

担当講師

担当講師
金子 透 Toru KANEKO

担当講師
経歴
1978 武蔵野美術大学造形学部油絵学科 卒業
1980 フランス国立美術学校 留学(~82)
1982 Atelier 17(銅版画の前衛的な研究所)
にてヘイターに師事(~83)
1994 Academie de la Grand Choumiere(仏)
受賞
1980 ル・サロン 銀賞受賞(グランパレ美術館/パリ)
1981 ル・サロン(グランパレ美術館/パリ)
サロン・ドートンヌ(グランパレ美術館/パリ)
1982 ル・サロン(グランパレ美術館/パリ)
サロン・ドートンヌ(グランパレ美術館/パリ)
サロン・デ・ザンデパンダン(グランパレ美術館/パリ)
エスパース・ピエール・カルダン
(エスパース・ピエール・カルダン/パリ)
1991 第27回神奈川県美術展 準大賞受賞
(神奈川県民ギャラリー)
1992 現代日本美術展
(東京都美術館 /京都市美術館)(92.93.94.97)
神奈川県美術展(神奈川県民ギャラリー)92.93.94)
個展
1984 フランソワ・アルメル画廊(パリ)
1985 サエグサ画廊(東京)
アート・フロント・ギャラリー
(代官山)
1986 神奈川県民ギャラリー(横浜)
1987 ベルエイム・ジュン画廊(パリ)
横浜そごう美術ギャラリー(横浜)
1988 アート・フロント・ギャラリー
(代官山)
アメリカンクラブ(東京)
1990 彩林画廊(横浜)
1992 彩林画廊(横浜)
港房(東京)
1994 ギャラリエ アンドウ(渋谷松濤)
(以降 97,98,00,01,02,03,04,07,
09,11)
グループ展
1985 ヒルサイド・ギャラリー(東京)
1986 「ART PARTY '86」(横浜市民ギャラリー / 横浜)
1987 「GAZA展」(彩林画廊/横浜)
1989 「ART PARTY '89」(横浜市民ギャラリー / 横浜)
1992 「EVOLVING展」(横浜市民ギャラリー / 横浜)
1994 「二つの表現展」(柳沢画廊 / 埼玉)
1995 ゲーテのアルマナックの本を制作、デッサン担当
(仏 ISSY LES MOULINEAUX 市立図書館買上)

お申込み方法

受講をご希望の方は担当講師と事前に面談を行って頂きます。これまでの作品や目指して行きたいこと、学びたいことなどが当講座と合致しているかどうかをお話しながら相互に確認させて頂き、方向性にご納得頂いてから受講申込みを承っております。
面談は事前予約制となっておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォーム、お電話、メールにてお申込下さい。
面談日時:水曜日13:00-16:30/18:00-21:30  土曜日11:00-18:30
Tel : 03-5456-0400  Mail : s-rayart@nifty.com

まずはお気軽にご体験へお越し下さい

講座を担当する金子講師は絵画クラスの「水曜日13:00-17:00」「水曜日18:00-22:00」「土曜日10:00-12:50」「土曜日13:00-15:50」でも指導をしております。絵画クラスでは実際の指導や教室の雰囲気をお試しいただける体験レッスンを開催しておりますので、ゼミ受講をご検討中の方はぜひ体験レッスンへお越しください。
体験後には入会金の割引特典がございます。

絵画教室の体験レッスンご案内

  • 体験申込み
  • お問い合わせ・資料請求
  • 入会のご案内