学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

Zoomの安全性について

2020/05/06

オンライン会議システムのZoomは、現在多くの会社でのテレビ会議、また、オンラインスクールでの講座開催に使われるようになっています。Zoomの普及に伴い、ユーザーが増加し、ハッキングや意図しない個人情報の共有、ミーティング荒らしなどのセキュリティ問題が問題になりました。

ニュース等で取り上げられたZoom爆弾などのセキュリティ問題については、既にZoom運営会社による対策が成されています。

このセキュリティ問題は、システム上のセキュリティーが弱く、ハッキングをはじめとたサイバー攻撃にすぐに晒されてしまうということとユーザー側の管理が甘く(危険に晒されないための方法が周知されておらず)ミーティングに容易に部外者が侵入してしまうという問題です。

1つ目の問題については、現在最新版(4/2リリースの4.6.9以降)のZoomにアップデートされていれば、各問題に対処が成されたバージョンとなっています。これから新たにZoomのアプリを入手される場合は4.6.9以降のバージョンとなっているはずです。

詳細は、以下のZoom日本法人のウェブサイトに最新情報が掲載されていますので、ご確認ください。

◎Zoom Japan FAQ
https://sites.google.com/zoom.us/zoomjapanfaq/zoomblog

特に以下の項目をご覧いただくことをおすすめします。
https://sites.google.com/zoom.us/zoomjapanfaq/zoomblog/a-message-to-our-users#h.t7ajyzz870gy
https://sites.google.com/zoom.us/zoomjapanfaq/zoomblog/zoom-use-of-facebook-sdk-in-ios-client

また、スクール側が十分注意してスクールへのアクセスをコントロールすることで防ぐことができます。そして、Zoomからも、より管理し易いような設定へと改善されてきています。

具体的には、以下のことが徹底されることによって、ほぼ部外者が侵入して荒らすようなことは防ぐことができます。

1.主催するミーティングは、必ずパスワードが必要な設定にして、参加者のみに個別に通知する
2.ミーティング中の共有機能は主催者がコントロールできるようにする
3.ミーティング開始後はロックをかける
4.ミーティングに直接参加する前の1クッションとして待機室を設け、確認できた参加者のみ入室を許可する

詳しくは先述のZoom日本法人サイトの記事から以下をご覧ください。
https://sites.google.com/zoom.us/zoomjapanfaq/zoomblog/keep-uninvited-guests-out-of-your-zoom-event

なお、当スクールにつきましては、レイアートスクールスタッフが管理者として参加者のチェックおよびコントロールをいたします。

みなさまに安心してこの新しいプロジェクトを楽しんでいただくために、細心の注意を払って運営してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

関連記事