岩崎裕子

岩崎裕子|Iwasaki Yuko

月曜日/金曜日(昼)クラス担当

専門

絵画(日本画)

得意指導分野

日本画、水彩、デッサン

特色

初めて日本画を始める方や、体系的に日本画を勉強したい方への指導が分かり易く楽しい、と好評です。植物など対象物を観察して描くことの指導から作品のイメージを膨らませ、再構成し、表現していく過程を大切にするレクチャーには定評があります。

その他担当講座

「日本画入門講座」など
HP:http://yukoiwasaki.net/

経歴

1997 女子美術大学 絵画学科 日本画専攻 卒業
卒業制作、大学買い上げ
1998 臥龍桜日本画大賞展 優秀賞 受賞
青垣 2001年日本画展
1999 臥龍桜日本画大賞展 大賞 受賞
グループ展(淡路町画廊)
2000 上野の森美術館大賞展(2002-2015年出品)
新生展 新生賞 受賞
2000-2002 オーストリア政府給費奨学生として、ウィーン造形芸術大学 絵画版画科に学ぶ

2001 「Portrait」展(Kupferstich Kabinett der Albertina, Wien, Austria)
2004 個展(新生堂)
2007 個展(すどう美術館)
2008 グループ展「ソレカラ」(ガレリアニケ)
「三月の蟲」(世界観ギャラリー)
2009 「植物の育つころ ー 岩崎裕子 展 ー」(ガレリアニケ/女子美術大学デザイン科教授 伊勢克也 企画) 
2010 日本画ワークショップ「植物を描く」(JAM 女子美アートミュージアム)

2015 「岩崎裕子 日本画展 light compensation point 光補償点の植物たち」(FABulous)
2016 個展 「宿根 : perennial plants」(MITSUOKA麻布ショールーム / Gallery 麻布)
2017 「染の小道」参加

その他、多数

収蔵

女子美術大学美術資料館
岐阜県宮村役場

メッセージ

絵を描くことを始めるということは、絵の描き方や画材の扱い方を習うということだけではなく、新しいものの見方に出会うことでもあります。描く意志を持ち、世界を見つめることで、何気ない日常が違って見えてきます。絵を描くことで、美しさと驚きが、あなたの身近に存在していることを知るでしょう。そして、描くことを続けるうちに、何時何処にあってもそこに美や喜びを見出す眼をもつ人、ご自分の人生を描く人になることができるでしょう。絵を描くことは、簡単なことではありません。それでいて、他のものでは替え難い歓びをもたらしてくれるものです。基礎から丁寧にご指導させて頂くことを大切にしています。皆さまにとって、絵が欠かせない大切なものとなる様、お手伝いしていけたら幸いです。